岩牡蠣

おはようございます

昨日は暑かったですが、今朝は少し涼しい感じですね

今週半ばは天気が悪いようでやっと梅雨らしくなるのでしょうか?

さて、先日食品衛生講習の話で牡蠣の話題に触れたばかりですが、今日はこはくで仕入れている岩牡蠣についてです

このように、生食用、とあります

こはくで仕入れている牡蠣は夏冬とわず「生食用」の表記のあるものを使っていますが

そもそも生食用とそうでないものの区別は?と言われると

生活排水の流れ出る海域で育っているか、それとも離れた場所かの違いによります

端的に言えば人間の排泄物に存在するノロウイルスで汚染されてるって訳です

日本の法律では貝類に出荷時にノロウイルスがいてもいなくてもOKで、飲食店でノロウイルスの存在した牡蠣を食べさせると飲食店が罰せられることになってます

最終的な安全管理を飲食店が担うことに異論はないですが、目視や洗浄などで対応できないものを、まずはどうにかするのが先だと私は思うのですが、、

北欧あたりだと管理された淡水で養殖していたりするようですし、サンプリングして一定割合の安全を確認するとか色々方法はあると思うんですけどね

日本でも業者さんによってはそういう対応をしている所もあります

もちろんコストは高くなりますが安全には代えられないと思うので、こはくではちゃんとした業者さんとお付き合いして仕入れてますのでご安心を